上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
昨日、渋谷まで足を運んでくれたみなさん、どうもありがとうございました。
おれ個人も8ヶ月振りのライブハウスのステージで、僅か30分のステージでしたが、その感触を今日一日で取り戻せたと思います。
次回は4月6日(金)国分寺RUBBER SOUL、4月11日(水)下北沢SHELTERと、ライブは続きます!

洋楽の和訳感覚の日本語ロックというものが、日本に於いてのロックのダサさを象徴している。
もう一度言います。
「洋楽の和訳感覚で作られた日本語ロック」というものが、「日本に於けるロックのダサさを象徴」しています。
♪kiss me deadly tonight~
(死ぬほどキスしてくれ、今夜は…)
ダサい…少なくともおれ個人の感覚から言ったら相当ダサい。
つい人の日記を隠れて読んでしまってサブイボが立つ…そんな感覚である。
ダサいというよりは、日本語がこういったセリフを吐けるような言語文化を持ち合わせていないから、どうしても違和感を覚えてしまうのだ。
要するに、この国で生活している中でこういった言葉には現実味がなく、実体験となかなか結びつかない事に要因するのだろう。
かつて、洋楽の和訳とか映画の字幕っぽい歌詞の曲を書く人の商売が成り立ってしまい、その商品を聴いて育った世代の人は、ロックやポップスに於いての言語はそういうものだと信じ込み、私生活での言語と歌詞世界での言語の区別が付かなくなり、言葉によってサブイボが立つといった感覚を麻痺させていったのだと思う。
なんか思春期の中学生にはそういった麻痺感覚ってあると思う。
だって、恥ずかしながらおれもそうだったんだなって思う節がいっぱいあるもん…
日本語以外の言語語感で短歌や俳句の良さを伝えるのは非常に難しいはずで、外国語の持つ情緒まで和訳で解釈するのは、容易なことではないのだと思うのです。
♪kiss me deadly tonight~
この歌詞を本当に解釈するときに、おれの語嚢の99%を占める日本語というフィルターを通しては本当の意味は伝わってはこないと考えるのでした。
言葉ではない何かをおれは酔っ払いながら想像するのです。

3137814030.jpg


ジェネレーションXの1stアルバムの9曲目に収録の「Kiss Me Deadly」は、繁華街にたむろしたりケンカしたり、学校にも行かずクスリをやって、目先のセックスを楽しむために、「死ぬほどキスしてくれ、今夜は…」と、甘~い言葉で女の子を口説いているわけです。
というように、若者の刹那的な生活を歌っているわけですな。
書きはじめの文章では一文だけを取り上げてダサいと罵ったわけですが、前後の流れが見えるとある程景色が浮かんでくるわけです。
そんなジェネレーションXなのですが、彼らはルックスの良さからどこかアイドル視されている面もあって、現にVoはビリー・アイドルと名乗っております。このビリー・アイドルはバンド解散後、イギリスからアメリカに渡り、肉々しいマッチョ・ロッカーとして大成功を収めました。
そういった経緯もあってか、パンク通の中の人には、このバンドをパンク視していない人もいるようです。パンクのアティチュードとしてリンクしないと解釈してしまうのですね。
なにはともあれ、この「Kiss Me Deadly」が名曲であることは間違いありません。
若者の生活の躁と鬱をドラマチックに描いていて、バンドの演奏もギターのアルペジオからはじまり、徐々にヒートアップしていく手法で、曲が終わる最後の最後まで気迫充分です。


Kiss Me Deadly / GenerationX 1978年
スポンサーサイト

03/31|MOLICE 07||TOP↑
プロフィール

※※だいら 〇〇ヒロ

Author:※※だいら 〇〇ヒロ
あたくし、生まれも育ちも東京は武蔵野、北多摩北地区北部、姓は※※だいら、名を〇〇ヒロ、人呼んでバーテンのオーシャンと発します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。