上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
先週来てくれたみなさん、どうもありがとうございました。
今度は日曜日、渋谷ラママに登場です!新曲もやるよ~
さらに下北沢シェルター、原宿アストロホールと日程は続くのですが、詳細はモリスHP内の「LIVE」にてチェック!チェック!

昨日…
とある多摩地区中部の小料理屋でかなり遅めの昼食を摂り、その店を出て街を歩いていたところ、20代前半と思しき若いカップルが痴話ゲンカをしているところに遭遇してしまいまして、けっこう派手にやっているので、しばらく見物させてもらいました。
男はやがて、一方的なワガママしか言わない女が鬱陶しくなったのでしょう。もう彼女が何を言っても一切耳を貸さん!といった態度でスタスタと歩いていってしまいました。するとあらマァ…
女は何かをしきりに叫びながら半狂乱で男の腕を引っ張るは、頭をひっ叩くは、前に立ちはだかり行く手を阻むはで仕掛けるのですが、男の方は完全無視を決め込み、突然クルっと身体をかわして、近くの建物の中へ一人で入っていってしまうと、路上に一人取り残された女はへたり込んでしまい、それはそれは、オモチャをねだっても買ってもらえなかった3、4歳児のように天を仰いでウワァーーーーーっと、足をバタつかせて泣き始めたのでした。
人通りの多い夕刻の商店街でである。いろいろな人がいるわけです。
この商店街でお店を営んでいる人、買い物に来てるおばちゃん、営業のサラリマーン、カップル、学生、ランドセルを背負った子供…そう、このどこか私立小学校に通う制服を着た小学生(1、2年生)数名が、この様子をビックリ顔で見ているわけです。
どの子も少し半笑いを浮かべつつも、見たらいけないのかな…という感じで、周りの大人の顔色を伺いつつ考えていたのでしょう…
『どうしてこの大人の人は泣いてるんだろう…』
『こんな大人でも幼稚園や保育園の子みたいに泣くんだなあ…』
『なんで泣いてる人を誰もかまってあげないんだろう…』
『僕らがジロジロ見てたりしたら大人の人達に怒られるかな…』
そんな表情を制服の小学生みんなが浮かべていた。
おれがその子供たちの列の横を通り過ぎる際、「どうして泣いてるの?どうして泣いてるの?」と、口々に言っているのが聞こえたんですね。
この子たちにしてみたら、よほど不思議な光景に見えていたようです。

羞恥心というのは、言語野のある前頭葉の発達と大きく関連しているようでして、人前で恥ずかしげもなく泣く人というのは幼児同様、言葉で伝えきれない部分を全身で表現してしまうようなのです。
おれ自身、大人の皮を被った子供ですが、大人の皮を被った幼児っていうのは、これはけっこう大変ですよ。

3973760115.jpg


と、いうわけで、今日聴いているのは…
シド・バレットのアルバム「The Madcap Laughs」(邦題:帽子が笑う…不気味に)
アルバムの邦題もなんだか可笑しいですが、このアルバムの各曲の邦題の方もなかなかイイ味出てます。
特に好きな邦題が2曲目の「No Good Trying」(邦題:むなしい努力)
なんかこれだけでガッカリしてしまう…
けど昨日、そんなガッカリな場面に遭遇したではないか!
しかも…この曲で言う「むなしい努力」というのはまさに昨日目撃した不幸な女の状況を歌っているのです。
いや、彼女の場合はダダをこねているだけで努力はしていませんね。

♪It's no good trying to hold your love
(君の愛情を捕まえることは無駄なこと)
♪But I can't see because I understand
(おれには分からない。なぜなら…)
♪That your different from me
(君はおれと違うことが分かってるんだから)
♪Yes,I can tell that you can't be
(どんなに背伸びしても)
♪What you pretend
(君には無理だとおれは知っている)

曲ってのはすごいね!神が降りるんだよ。ロックの神が。
こうやって昨日見た情景とピタ!っと偶然合っちゃうんだもん!
このブログ書きながらなんとなくこのアルバム聴いて、なんとなく訳詞見たらコレだもん。ホント笑っちゃいますわ。
ちなみにこのシド・バレットという人は、プログレ界のモンスターバンド、ピンク・フロイドの最初期のリーダーでもあります。
とっても変人で、なんかすごく好き。

大声で泣いてだだをこねてどうにかなるのは園児までです。
大人になると泣いてもダメ!すがってもダメ!
ひたすら「むなしい努力」をし続けなくてはなりません…
いや、むなしいと思うかどうかは自分次第ね。


No Good Trying(むなしい努力) / Syd Barrett 1970年
スポンサーサイト

04/25|MOLICE 07||TOP↑
プロフィール

※※だいら 〇〇ヒロ

Author:※※だいら 〇〇ヒロ
あたくし、生まれも育ちも東京は武蔵野、北多摩北地区北部、姓は※※だいら、名を〇〇ヒロ、人呼んでバーテンのオーシャンと発します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。