上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
1世帯当たりの平均所得が2005年は563万8000円とのことで、おれ個人で見て、この額を大きく下回っているわけですが…

今の日本の借金、どうなっているのだろう…
2007年5月31日午前8時47分現在…

日本の借金は873兆2163億8146万9717円
一世帯あたりの負担額は1981万4304円
国民一人あたりにすると689万2761円

ものすごい増え方をしているではないか!
まだまだまだまだまだまだまだまだまだまだまだまだ増え続けます。
1000兆円も全然すぐ目の前だ!
もちろん世界一の借金大国であります。
国民全員が今から3年半以上飲まず食わず買わずでどうにか返せるかどうかって額…?
もちろん国民が飲まず食わずだったら飲食店は軒並み潰れます。
世界一の借金大国である事を免れるためには、地球外に行くほかありませんね。

財政破綻になること間違いないでしょうね。
おれ…貧乏ながらも年金だって払ってるんですが…
年金くらいの泣き寝入りだったらいい方かもしれない。
銀行封鎖にでもなったらえらい騒ぎだね。
ちょっと前のアルゼンチンでの風景が目に浮かびます。
日本でも銀行前に長蛇の列ができるのか…
それでもノホホンとしてそうな日本人なおれ。

なんかものすごく、おれの生き方は間違っていないような気がしてきたぞ!

そんなわけで今日は下北沢BASEMENT BARでライブです。
21時過ぎに登場します!
チラっと見てしまった人!絶対に下北沢BASEMENT BARに来てください。
ライブ後に日本の借金について語り合いましょう。

今何を聴いているかって?
そりゃ、お金の話ですもの…ピンク・フロイドです。

1918822436.jpg


このアルバム、「The Dark Side Of The Moon」(狂気)は、アメリカのビルボードチャート200位以内に15年(741週間)に渡ってランクインしたとかどうとか、そういった記録なんか抜きにして、本当に楽しいアルバムです。(記録好きの日本にはそういった胡散臭い記録はいっぱいあるので…)
このアルバムの6曲目に収録(CD)の「Money」を始めて聴いたのは、バカ高校の音楽の授業でした。
コインの落ちる音や、転がる音、レジを開く音に始まって、それらの音が段々リズムを構築し始め、やがて本編の曲へと雪崩込みます。
その曲が「Money」です。
この音楽の先生は変わった先生で、授業中にピンク・フロイドやらレッド・ツェッペリン、時にはセックス・ピストルズなんかを聴かせるアナーキーな先生でして、この先生に「ピンク・フロイドはどれを聴いたらいいの?」と、聞いて薦められたのがこのアルバムでした。
当時、16歳のおれには謎が多すぎるアルバムだったことだけは間違いありません。パンクロックとアメリカンハードロックしか知らない子供には理解できなかったのです。後にピンク・フロイドを1stアルバムから順に聴いていって辿り着くことができました。その間、年数で5年掛かりました。耳が肥えたのです。

時は金なり…とは、非常に巧い言葉で、
生きる上でお金と時間のバランスはとても大事だと考えています。
金の亡者になって時の貧乏にはなりたくないです。


Money / Pink floyd 1973年
スポンサーサイト

05/31|MOLICE 07||TOP↑
プロフィール

※※だいら 〇〇ヒロ

Author:※※だいら 〇〇ヒロ
あたくし、生まれも育ちも東京は武蔵野、北多摩北地区北部、姓は※※だいら、名を〇〇ヒロ、人呼んでバーテンのオーシャンと発します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。