上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
そうそう!昨日の追記です。
国分寺RUBBER SOULで毎週のように行われているライブなのですが、駅からの行き方を解説します。

JR中央線の新宿から約30分、逆方面の八王子からは約20分。
いずれも中央特快停車駅なのでひとっ飛びです。
西武新宿線の場合は東村山もしくは、小平から乗り換えて約15分。
JR線、西武線共に、国分寺駅の改札を出て右に行くと南口に出ます。
南口へ出たところの左斜め前方にみずほ銀行があります。その方向へ階段を降りて信号を渡り、歩道沿いに右へ10歩行くとにみずほ銀行の建物の影からすぐに「スタ丼」の店が見えてきます。
その「スタ丼」の店の店内を眺めるような形で沿って5歩行くと、地下があります。
そこが「国分寺RUBBER SOUL」です。
看板が出ているので、「スタ丼」の店まで行けばすぐに分るはずです。
地下へ向かう階段の途中で、横向きに貼られたジム・モリスンが出迎えてくれます。
国分寺駅の改札を出てから徒歩1分で到着します。
っていうか、国分寺RUBBER SOULのHPを見れば載っています。
http://www.rubber-soul.jp/

国分寺RUBBER SOULはバーです。ロックなバーです。
楽しくお酒を飲むことをメインとした場所なので、ここでは基本的にライブはお酒の肴です。
よってライブのチケット代金は取っていません。
飲み代だけ握り締めて少し早めに来場すれば、ほろ酔いになる頃の21時過ぎにMOLICEは登場します。
店内に防音設備は整っていません。
いつも音量を抑えめで演奏をしているので、耳がキーンとはなりません。
ライブをメインで遊びに来る人にはカナリお得です!
お酒を楽しみに来る人は、ほんの30分間ばかりお付き合いください。

一昨日のライブの時は、ライブ終了後から10年前に再結成した時のセックス・ピストルズのライブ映像が流れていました。
先週は、ザ・フーのドキュメンタリー映像「キッズ・アー・オールライト」などなどが流れていました。
これらの映像は2つのモニターから音声もなく流れっぱなしで、店内には60年代からつい最近までのロックの名曲が常にランダムで流れています。
そんな雰囲気のバーで、外国人のお客さんがけっこう多いです。
トイレに行って、便器に座るとジョン・レノンと目が合います。
ライブを演っているときは、イエローサブマリンの電飾がとても気になっています。
いやいや、ライブ中に余所見して気が散ってちゃイカン!
ライブは各パートそれぞれのコンビネーションだからね。
野球だってサッカーだって、それこそ会話もそう!
あとセック・・・・・・・・・・・いやいやいや。
でも営みは大事なことだよ。

夕方18時からバーはオープンしています。

edigi-wave_1934_52746402.jpg


ライブといえば、ライブ盤の名盤っていっぱいあるんだけど、ここ最近でいちばんよく聴いているライブ盤はジャニス・ジョプリンの「チープ・スリル」です。
ジャニス・ジョプリンっていうか、ビッグ・ブラザー・&ザ・ホールディング・カンパニーね。
1曲目の「コンビネーション・オブ・ザ・2」のイントロのあの楽器って名前何?
「グィ~ガコッ、グィ~ガコッ♪」って、モノは分るけど名称が分らない…洗濯板じゃないよね。
この名称不明の楽器と各パートのコンビネーションが抜群よね♪
そんな洗濯板の音だけでやられてしまうアルバムなので間違いなく名盤でしょう!
そして、このジャケのポップ加減は非常にズルイぜ!


Combination Of The Two / ビッグ・ブラザー・&ザ・ホールディング・カンパニー(Janis Joplin) 1968年
スポンサーサイト

02/11|MOLICE 07コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

※※だいら 〇〇ヒロ

Author:※※だいら 〇〇ヒロ
あたくし、生まれも育ちも東京は武蔵野、北多摩北地区北部、姓は※※だいら、名を〇〇ヒロ、人呼んでバーテンのオーシャンと発します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。