上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
おれの住む町のとある小さな商店街、そのアーケードの向かい側に、大手スーパーが数日後にオープンするらしい。
この商店街の並びにはつい数ヶ月前にも大手コンビニがオープンし、おれはその時も首を傾げていたのである。
長年商店街に活気と風情をもたらしてきた、肉屋や果物屋や文房具屋やクリーニング屋などの人達は果たして、大手の侵略に反対したのだろうか?それとも泣き寝入りしているのだろうか?はたまた手を組んだのか?それとも、背後に有無も言わせぬとてつもない権力の影でも潜んでいるのだろうか…
うーむ…どうも一筋縄ではいっていないような気がしてならない。
もしかしたら水面下では、世界を騒がすどこかの地域の民族紛争のようなことが起きているのではないか!
しかし、悔しいことにスーパーってのは非常に便利で、その建物の中に生活に必要なものが全て揃っている上に、それぞれの品物は小さな商店よりも安く、商品の回転が早いために新鮮なものが多く、最近では営業時間も朝早くから深夜までやっていたりもする。しかし、その利便性の中には人間臭さとか体温といったものが存在しない。無機質なのだ。
人間ってのは、どう足掻いても人間でしかないのに、そんな人間臭さを嫌ったり、自然の中の一部であるはずの人間が田舎を蔑んで都会に憧れてみたりして、利便性を重視したものが流れてくる背景にはこういった人間の心があるのではないか。などと考えるのです。
おれがこんなことを言うと、「お前なんか生まれも育ちも東京で、その利便性の恩恵をガキの頃から受けまくってるじゃねぇか!」などという声も聞こえてきそうですが、いやいやいや、地域に限らず我々の世代では生まれた時にはこのような図式は全国に出来上がっていたわけで、それに、おれの地元は東京でも東京の植民地みたいなトコなので、東京にいながらにして東京を見上げて育っているのです。
話が反れましたがこんな例えはどうでしょう…
・八方美人で世渡り上手なんだけど、影では人の文句ばかり言っている、まるで選挙活動の時だけ市民にペコペコ頭を下げてる政治家のようなヤツ。
・媚を売らない頑固な意思と説教臭さが売りで、ちょっと付き合いにくいが、困ったときには手を差し伸べてくれる、まるで立ち飲み屋にたむろするオヤジのようなヤツ。
おれは後者の方が断然好きだ。
おれの目から見ると、大手スーパーが前者、小さな商店街が後者といった感じだろうか。

「長いものには巻かれろ」って言葉があるけど、長いものに絡まってその場でコケちゃうタイプってけっこういるよね。
おれなんかは完全にコケる側の人間。

2446774244.jpg


長いものに巻かれながら40年以上活動をしているのがローリング・ストーンズ。
やれ世間がモッズだと言えばそっちへコロコロ。
やれ世間がサイケデリックだと言えばそっちへコロコロ。
やれ世間がフラワームーブメントだと言えばそっちへコロコロ。
やれ世間がディスコだと言えばそっちへコロコロ。
やれ世間がラップだと言えばそっちへコロコロ。
まさに転がる石達です。
もしかしたら、これぞローリング・ストーンズって音に辿り着いたのは90年代以降なのかもしれないですよ。
そんな長いものに巻かれているストーンズの曲の中でも、特に時代を意識したと思われるのが1978年のシングル「Miss You」
この曲でチャーリー・ワッツの叩くドラムは、他のヒット曲と変わらない8ビートなのに、あら不思議!聴こえてくるリズムはディスコなのです。
リズムの取り方に秘密があるんですね~
どんなに長いものに巻かれていてもストーンズ流になるのにはちゃんと根拠があるのです。
ローリング・ストーンズって連中は長いものに巻かれながら、実は根っこの方は非常に頑固なんですね。

世界は動いています。時代は変わります。長いものに巻かれているうちに、のど元過ぎれば熱さも忘れるのかもしれませんね。
それでものどを大ヤケドしそうなおれがいます…


Miss You / The Rolling Stones 1978年
スポンサーサイト

06/25|MOLICE 07||TOP↑
プロフィール

※※だいら 〇〇ヒロ

Author:※※だいら 〇〇ヒロ
あたくし、生まれも育ちも東京は武蔵野、北多摩北地区北部、姓は※※だいら、名を〇〇ヒロ、人呼んでバーテンのオーシャンと発します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。