上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
「あいつ、話しだすと長ぇんだよ」
「ダァーっと喋ったと思ったら、今度は一気に黙るの」
「ずっと喋ってるか、ずっと黙ってるかどっちかなんだよ」
とまあ、こんなことを影で言われている人には躁鬱の傾向があり、危険信号だとか…
って、これはおれのことだ!
話ってものは、要点だけ順序良く短く話せた方が説得力があり、聴き手にも伝わる。
おれの話にはきっと無駄な言葉や単語が多いのだろう…と思う。
そんなふうに自己分析しています。

なんでもかんでも話すことが好きなおれなので…
もしも音楽が語ることができるなら…それは大変です。
アナタと夕方から飲み始めて、朝までずっと話し続けることでしょう。
言語中枢である前頭葉のコントロールができなくなり、腹話術人形のよう喋りまくり、身振り手振りも交えながら、「誰か止めてくれ…」なんて思うときもあるのです。
よく友達に言われました。
「お前は一言多い!」
よく小学校の頃、先生に言われました。
「お口にチャック!」

MHCP-890.jpg


ザ・クラッシュの好きなアルバムって意見が分かれるけど、「ロンドン・コーリング」がいちばん人気なのかな…?
でもおれがいちばんよく聴くのはコレ、4枚目のアルバム「サンディニスタ!」
CDだとディスク1の17曲目、アナログだとディスク2のA面の5曲目収録の「If Music Could Talk」(もしも音楽が語ることができるなら)
このタイトルだけでおれなんかグッときてしまうのですが、この曲が流れると「腹話術人形になれ!」と、脳から指令が来て口がコントロールできなくなり、「誰か止めてくれ…」と、自宅で独りブツブツと言っているのです。
今まさにそんな状態…


If Music Could Talk(もしも音楽が語ることができるなら) / The Clash 1980年
スポンサーサイト

02/12|MOLICE 07コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

※※だいら 〇〇ヒロ

Author:※※だいら 〇〇ヒロ
あたくし、生まれも育ちも東京は武蔵野、北多摩北地区北部、姓は※※だいら、名を〇〇ヒロ、人呼んでバーテンのオーシャンと発します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。