上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
拍手のコメントというものをいただきまして、このコメントに対するレスというもの仕方が分からず、相変わらずメカに疎いなと…
その中で遠くエチオピアでお仕事をしている、以前に随分とお世話になった友人からコメントをいただいたので、その人が大好きだと言っていた曲を今日は取り上げてみようかと思います。

おととい、出掛ける時に玄関を出たところの壁に、セミの幼虫が羽化するためにせっせと殻を破っているのを目撃しました。
一瞬驚いて「キモチワリィ」なんて思ったのですが、外気に触れたばかりのその白いセミの姿をよく見ていると、だんだん「ガンバレよー」なんてちょっと応援する気持ちになり、そうなると殻を破って成虫になるまでの一部始終を見届けたかったのですが、人間には人間の生活があり、時間を守らなくてはいけないというルールの下で生活しているので、おれは出掛けることにしました。
それから10時間後、帰宅すると玄関先の地面に抜け殻が落ちていて、「あぁ、成虫になったんだなぁ…」などと思い、辺りの電柱なんかを見渡したのですがどこにもセミはおらず、遠くの方からセミの鳴き声だけが聞こえてくるのです。
「昼間のセミも無事に成虫として羽ばたいたようだし、さて家に入るか…」と、ふと玄関から少し離れた地面に目をやると、そこになにやら黒い塊が…もしやと思い近づくと、おれの全身に鳥肌がぷつぷつぷつぷつぷつぷつぷつ…
殻を抜けたばかりのセミが大量のアリに食われているのですよ。
既にセミの身体は半分くらい食いちぎられており、そのセミの小さな目からは完全に生気は消え失せ、何百というアリがその周りをウジャウジャとうろついている。
10年近くも土の中にいて、がんばって壁に登りしがみついて、やっとの思いで殻を破って羽化したところでアリに食われて息絶えるセミ。
このセミにとっては非常に残念な結果なのですが、それもまた自然の摂理で、そんな自然界の厳しさを、このセミがおれに訴えかけているような気がしてならなかったのです。おれが偶然にこのセミの羽化する姿を目撃し、それを誰かに伝えることは無意味なことではなく、ちゃんとこのセミにも存在した意味があったのだなと考えるのでした。
じゃあ果たしてこのセミを食ったアリ達は悪の存在なのか…そうではありません。
セミにとって外敵であることには変わりはないのですが、アリは自分達が生きるためにセミを食った。アリにとっては仲間と共存するための正義の行動で、もちろんそこには罪悪感もなければ、セミが成虫となるまでのプロセスなど考えてはいない。
それは、牛や豚を食う人間の生活と変わりはななく、人間が戦争を起こす理由なんかも実は正義を掲げて武力を振りかざした残忍な行動なのですね。
人間はなんだかアリに似ているな…
一人では弱いけど、集団になるととてつもない力を発揮する。
おれもまた、一人では無力な人間なのだと痛感するのでした。

ひとつ歳を重ねたこの日のおれは、おれ自身の遺伝子にも組み込まれているはずの、生活の中で忘れてしまっている貴重なものを思い出したような気がしました。
おれもまた人として羽化する目前にいるのでしょうか…

4184133473.jpg


冒頭で挙げた友人の好きな曲というのはThe Smithsの「Ask」です。
おれもこの曲はザ・スミスの中で5本の指に入ろうかというくらいに好きなナンバーです!
写真はシングルのジャケットで、オリジナルアルバムには収録されていない曲です。ベスト盤や編集盤、ライブ盤で聴く事ができます。
基本的に陰湿で女々しい曲の多いザ・スミスなのですが、この曲の歌詞は珍しく非常にポジティブで、曲調もコード感も開放的です。

♪用心深いのはいいことで、でも生きていく上で用心深さは妨げになる。
だから、したいことや挑戦したいことがあるんだったら尋ねてごらん。

モリッシーってこんなことを言う人なのか?何かの罠なんじゃないか!なんてことを考えてしまいますが、非常に繊細だと思われる人なので、こういった言葉にも何か意図を伺えて深みを感じます。
曲の後半部では、

♪自然は言語なんだ。読み取ることができるか?自然自体が言語なんだ。

こんなことを言われると、セミがアリに食われるというその様子というのは、自然が人間に訴えかける言語で、その見たものを言語に変換するってことで人に伝わるのかな…なんてことを考えてしまう。

日本人は恥ずかしがりやで、おれなんかもその場で聞けばいいことをつい聞かなかったりして、あとで恥をかいたり…
「Ask」っていうのは、恥ずかしいことじゃなく、常に持ち続けていた方が得なのですね!
だから、おれにできることがあれば、
♪Ask me、Ask me、Ask me~
ですよ!


Ask / The Smiths 1986年
スポンサーサイト

08/03|MOLICE 07||TOP↑
プロフィール

※※だいら 〇〇ヒロ

Author:※※だいら 〇〇ヒロ
あたくし、生まれも育ちも東京は武蔵野、北多摩北地区北部、姓は※※だいら、名を〇〇ヒロ、人呼んでバーテンのオーシャンと発します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。