上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
数少ないというか、雑誌としては唯一定期的に自ら買って読んでいた情報誌の「ダカーポ」が休刊だそうで、今後は芸能、政治等のスキャンダルに一層疎くなる予感がします。
過去に発刊されたダカーポの中で印象的だった特集は、2002年日韓共催ワールドカップの時の、全出場国国歌の歌詞の和訳と解説で、日本人の常識からは少し考えにくい歌詞から、各国の文化や風土を象徴した素晴らしいものまで楽しめました。ちなみにスペイン国歌には歌詞はなく、この号では歌詞の代わりに楽譜が掲載されていましたが、そもそもスペイン国歌に歌詞がないことの原因は、地域によって独特の言語を持つところもあるらしく、その言語を統一できないからだそうです。
と、このように酒の席での会話でしか役に立たない知識を注入してくれた楽しい情報誌の休刊は非常に惜しい限りです。
ダカーポが組む特集の中には老人介護、時の政治家、死後の世界からモーニング娘。まで、様々な角度から常におれの好奇心をくすぐってくれていたのです。

前置きが長くなりましたがこの間、飲みの支払いの時に予定よりも1000円安く済みまして、じゃあこの1000円で何かCDを買おうと思い、翌日CD屋さんへ立ち寄りました。もちろんこの金額で買えるCDというものは結構限られているのですが、遠足のおやつのようにラインを決めてCDを探すのもなかなか楽しいものです。もちろんはじめは中古で買えるものと考えていました。そんな中、ふとジャズコーナーへ立ち寄ると今はすごいですね!あらゆる名盤がジャンジャン安売りされているではないですか!著作権の切れた関係でしょうか…50年前以前の作品が1500円シリーズと銘打って、リマスターまで施されてボーナストラックまで追加されたものがズラーっと並んでいるんですね。
見ているとどれもこれも欲しくなってしまうのですが、「さすがに1000円のものはないか…」と思いつつもCD棚を眺めていると、ボーカルのコーナーにありました。
「RCA女性ボーカルシリーズ1000」
要するにRCAに所属していた女性ジャズボーカリストの1000円CDシリーズです。
正直ジャズの女性ボーカリストと聞いてピンとくるのはビリー・ホリディとブロッサム・ディアリーくらいかな…と言うくらいにこのジャンルに疎いのですが、並んでいるこのシリーズのCDの帯の解説を読みつつ、妙に色っぽいジャケに惹かれてコレを衝動買いしました。

image.jpg


悩ましげな表情のジャケの通り、1曲目から悩ましくも色っぽい歌声のダイナ・ショアさんであります。
こんな素晴らしい音楽が新品で、しかもちゃんと解説も歌詞も付いていて1000円ポッキリで聴けてしまっていいのだろうか…しかし、音楽の価値なんてものは値段じゃなくて、聴く側の意思にあると思うのです。
もはや音楽を生活を削って買う時代ではなく、探せば必ず得られるという豊かな時代になったのだと思うのです。それは映画に然り本に然りです。
酒の席の会計で浮いたお金をきっかけに出会うことのできたこのアルバムには、値段以上の偶然性の高い価値があるものだと思うのです。
50年という時の洗礼を受けても尚、光を放ち続ける音楽というものは、次から次へと掃き捨てられていく大量生産のそれとはやはり違うものです。
どの曲がどうとかなんて感想を述べるのは愚問かな…とも思うのですが、7曲目の恐らくアナログではB面の1曲目と思われる「And Place I Hang My Hat Is Home」の、静と動の極端なまでの落差が非常にポップで、演奏と歌声の一体感を十二分に堪能できます。
この曲のポップ感覚は、ビョークの「It's oh So Quiet」の感じと伝えると分かりやすいでしょうか…
なにはともあれ、つい何日か前まではこのダイナ・ショアさんのことは知りませんでしたが、51年という時を経て異国のおれが知ることができたということは、それはおれにとっては出会いであり、とても素晴らしいことに思うのです。
音楽との出会いはまるで人物との出会いのようだ。
今このCDを聴きながら、自分の両親がまだ少年少女だった頃と同じ空気を吸っています。

ダカーポの休刊は残念なのですが、このダイナ・ショアさんのCDと出合えたのと同じように、次なる興味惹かれる情報誌との出会いを待ちわびています。
っていうか、ダカーポの早期復刊を待ちわびる…

追記です。
いつも10回区切りで過去10回分のブログをまとめていましたが、今回からはまとめずにサクサクと書いていこうかと思います。
明日は秋葉原clubGOODMANにてライブです。
詳細はモリスHPにて。


And Place I Hang My Hat Is Home / Dinah Shore 1956年
スポンサーサイト

10/17|MOLICE 07||TOP↑
プロフィール

※※だいら 〇〇ヒロ

Author:※※だいら 〇〇ヒロ
あたくし、生まれも育ちも東京は武蔵野、北多摩北地区北部、姓は※※だいら、名を〇〇ヒロ、人呼んでバーテンのオーシャンと発します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。