上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
先日秋葉原に足を運んでくれたみなさん、どうもありがとうございます。
次回は今週末、横浜本牧に登場します。

おれは食べ物の好き嫌いがなく、出されたものは米粒一つだって残しません。
それでも子供の頃は小食で好き嫌いもありまして、そんな小食で好き嫌いもある子供のおれに、市の職員で給食の仕事も担当していた父親が言うのです。
「米という字は八十八というのを縦に書いて米と読む。それは農家の人が八十八日掛けて米を一粒一粒を作り上げる大変なものだからだ」
このような、どこの家庭でも聞かされていそうな説教じみた話を聞いて以来、あら不思議!おれは給食から弁当からメシを一切残さなくなったわけです。
メシを食っていて茶碗に米が残っていると、この一粒が八十八日…と頭の中でその言葉が回りだし、残った米粒が「食べてくれぇ…」とおれに囁くのです。
どうあれ食の恵みに感謝するということをちゃんと覚えたわけで、これは今でも父親から教えられたことで最も大事にしていることなのであり、飽食の時代に誇れることでもあると思っています。
好き嫌いがなくなり、食べ物に関して一切の文句を言わないおれなのですが、その反面、味覚が鈍いのでしょうか、食にこだわりがないのです。
こだわりがないおかげか、作ることに関心がなく自炊などした記憶がほとんどありません。
食べることには感謝するのですが、作る喜びとか食べてもらうという喜びの欲求がないのです。
なんかこれはこれで、人としてあまりよろしくないよな…なんて思うのですが、克服する気もあまりありません。
さらには、「好きな食べ物は?」と、聞かれると非常に困るのです。
嫌いなものが一切ないから好きなものも答えられない。
と、思っていたら、身近な友人が「お前、納豆好きじゃん」と、言うのです。
確かに…言われてみれば一日一食は必ずと言っていいほど納豆を取り入れている…そうか!おれは納豆が好きだったのか!と、やっと自分の好きな食品が納豆なのだと気付いたのが4年ほど前。
しかし先日、モリス内で、納豆は食品ではなく嗜好品である…なんて事が話題になりまして、再度困ったわけです。
納豆が食品でなければ、また好きな食品がなくなってしまうではないか!
また好きな食べ物を聞かれた時に答えられず、それを見つける旅に出なくてはならない。
納豆が嗜好品であるとすれば、おれは明らかに納豆中毒であり、納豆が好きなのではなく、納豆が依存している。と答えるのが正しくなる…
コーヒーに然り、チョコレートに然り、タバコに然り、これらのものを好きとも言うけど、これらは全て依存なのです。
ハンバーグやカレーライスには中毒や依存はありません。
そうか…おれの納豆好きは依存だったのか。と、考えながら、近頃は好きな食べ物を模索中です。
ちなみに、納豆が大粒であろうが小粒であろうが、高級だろうが安物だろうが、おれにとっては一言で「納豆」なのです。
そこにもこだわってません。実は、賞味期限もあまりこだわらないです。

マメなようで大雑把なおれを露呈する話でありました。

2910459245.jpg


音楽も食べ物のように、一般的に好き嫌いで分けられます。
おれなんかも食べ物の好き嫌いがないように、音楽に対する「嫌い」はないのですが、偏食である点は否めません。
好みの面で、始めは70年代の初期パンクからはじまり、そのルーツを辿って60年代のガレージロックに行ったかと思うと、その流れでサイケデリックに移行していきながら時代を追いつつニューウェーブ経由で、さらに逆の時代へ遡ってみたり…
このようにその時々で依存してしまうタイプの音楽ってありまして、近年はフォークやカントリーをベースにしたロックが納豆のように依存しているように思います。
それは、ボブ・ディランであったり、グレイトフル・デッドであったり、国内でははっぴぃえんどであったり…広くはトム・ウェイツやポーグスもそうだし、おれにとってはじゃがたらもポール・ウェラーもそんな気がする。
なんだか、これらの音楽には生活の汗と泥と埃といった労働者の匂いがするのです。
依存するほど好きなのに、これらの音楽をあまり自分では表現したいとは思わないのもまた不思議…
なんだか生活の中で、常に側に置いておきたい音楽がこの手の音楽達なのです。
その中でも取り分けCCR(クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル)がお気に入りでして、そんなCCRのアルバムで最も好きなのが5枚目のアルバム「Cosmo's Factory」で、あまりに好きな曲が多いこのアルバムの中でも取り分け好きなのが「Lookin' Out My Back Door」です。
こんな曲を、たまたま立ち寄った粋なバーでバンドが演奏していたら酒もガンガン進みます。
CCRってスタジアムとかホールよりも、近所のバーとか喫茶店とかの生の音を聴きたい感じ。そんな夢のような話はまず無理でしょうけど…
でも、この曲の歌詞って生活の汗と泥と埃といった労働者の匂いというよりは、ちょっとクスリの匂いがします…これもまた当時の時代背景で生活の匂いなのでしょうか。

食事も音楽も食べず嫌いはいけません。
偏見や嫌悪感を振り払えば、見た目やイメージ以上に味わい深いものもあるのです。
2行で済む話をこんな長々と…


Lookin' Out My Back Door / Creedence Clearwater Revaival 1970年
スポンサーサイト

10/26|MOLICE 07||TOP↑
プロフィール

※※だいら 〇〇ヒロ

Author:※※だいら 〇〇ヒロ
あたくし、生まれも育ちも東京は武蔵野、北多摩北地区北部、姓は※※だいら、名を〇〇ヒロ、人呼んでバーテンのオーシャンと発します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。