上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
おととい、下北沢ベースメントバーに来てくれたみなさん、どうもありがとうございます。
来週、再来週とライブは続き、月が変わると同時に国分寺へ戻って参ります。お楽しみに!
おっと、気付けば半月もブログを書いていないではないか!
最近は忙しく、そして楽しく過ごしていたのですが、その中でもっと感受性の電波をビンビンに張り巡らせなくてはイカンね。なんてことを思って生活しておりました。

昔から思うことがありまして、どうして小便した後に手を洗うのか。
おれは手を洗わなくてもいいいと思う!
なんて事ではなくて、順序が変!ってことを昔から思っているのですよ。
おれは、小便した後じゃなくて、小便する前に洗う方が正しくない?って思うんですね。
と、いうのは、ポコ○ンってモンは非常に大事なところなわけで、常に清潔にしておかなくてはいけない場所ですよ。それが女性であれば構造的にも尚のこと。
どういうわけか、あちこちベタベタと触れている手で触って小便しておいて、キレイにしておいて当たり前のポ○チンに触れた手を洗う…
絶対に逆をするべきだと思うわけですよ。
中には、おれはポコ○ンに触れずに小便するから手は洗わねぇ!ってやつもいるし、便所に行って尿や便が付かない限り洗う必要はないと思ってる人はゴマンといることでしょう。
そもそも学校や家庭でも、その理由を親や先生も分かっておらず、まるで言い伝えやら伝説のように、「トイレに行ったら手を洗いなさい!」しか言わない。
例えば、風呂上りの子供がポ○チンを無造作に弄っているときに注意すべき言葉は、「汚いから触るんじゃないの!」ではなく、「ばい菌が入ったら大変でしょ!」が正解だと思うんですね。
やはり汚いものではなく神聖なものとして教えるのが正しいとおれは思うなぁ…
テレビでモザイクが入るのも、「あまりに神秘的だから他人のは容易に見たらダメなんだ」って教えりゃいいんだよ。
汚くて目触りなものっていう認識が根本的に間違ってると思う。
でもおれは、酔った勢いで脱ぐやつとか、テレビでモザイクが入るときってのは、反射的にゲラゲラと笑うんだけどね。
おれもおれで、目障りで汚いものっていう認識をいつしか植え付けられてしまったってことなのかもね。
仮にっていうか絶対にいると思うけど、「ポコ○ンに触っておいて手を洗わないのはヤダァ~」なんて言うやつは、他人とは握手もできないですよ。
だって、間違いなく男の半数以上は小便した後手なんて洗ってないからね。
おれですか?おれは五分五分で状況と気分ですな。

もうどっちが正しいとか考えるのは面倒だから、小便する前と後の両方に手を洗うのが常識って事にしちゃえばいいと思う。
そんな中でも、やや小便前推進派のおれです。
そこに血眼になるほどのこだわりがあるわけではありません。

112s.jpg


新しい概念っていうのは、受け入れるのはきっと誰でも恐ろしいもので、少し触れてみて「大丈夫かな…」って安全を確認してみてから理解し始めるんだと思う。
この、リンク・レイの曲がインストであるにも関わらず、当時ラジオで放送禁止になったという話を古い友人から聞いた時には笑った。
どうやら、彼のギターサウンドがあまりに凶暴的であるために、各ラジオ局が彼の曲を流すことを自粛したそうで、それまではというか、今でもそうだけど放送禁止といえば、卑猥であったり、犯罪を助長するような言葉や、偏った思想を歌う曲が放送禁止の対象になっているわけだけど、音のみの音楽で放送禁止になったという事は、ここには新しい概念が誕生した瞬間であったのだとおれは思う。
それがやがて徐々に認知されていき、音の凶暴性は娯楽として世間に受け入れられて多様化していったわけですね。
おれはこの人の音楽をオールタイムで知っているわけではなく、断片的にしか分かりません。
患った結核が原因で歌うことを禁止されて、ギターインストで勝負したというところにも、そのもどかしさと魂がギターに伝わっているわけですな。
それで、どの曲が放送禁止になったのか、全面的にそうだったのかはおれ自身定かではなく、この曲です!って提示できないのですが、それでも代表曲の曲の一つ「Rumble」を聴けば、その時代背景なども含めて雰囲気は伝わってきます。
今の時代の概念で聴いて、「なんだ、これが放送禁止?全然フツーじゃん」ではなく、その時代に立ち返って音楽を聴いてみるというのもけっこう大事なことですよ。

今になって急に、トイレに入る前に手を洗うことが常識となれば、当然みんな戸惑うわけだし、それが30年後には「昔の人は便所出るときに手洗ってたんだって、意味ないじゃん…」なんて笑われているかもしれない…


Rumble / Link Wray 1958年
スポンサーサイト

11/15|MOLICE 07||TOP↑
プロフィール

※※だいら 〇〇ヒロ

Author:※※だいら 〇〇ヒロ
あたくし、生まれも育ちも東京は武蔵野、北多摩北地区北部、姓は※※だいら、名を〇〇ヒロ、人呼んでバーテンのオーシャンと発します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。