上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
相変わらず食に関心のないおれは、レトルトのカレーに納豆をぶっ込んで食ってます。
食にこだわりのないおれは、当然飲むことにも関心がなく、自宅では酔えればいいという発想で安酒しか飲みません。
そんなわけで、家でビールを飲むといえば8割は発泡酒。たまに普通のビールを買って飲んでみても、多少の違いは感じるものの、全然発泡酒で事足りてしまうので安上がりです。
巷に発泡酒が出まわり始めた時には、その違いが味覚音痴なおれでも容易に分かったものでしたが、近頃の発泡酒は、製作者の方々の素晴らしい研究の努力によって、どんどん質が向上され、そのためにライブハウス等でビールと言われて発泡酒を出されても、それが発泡酒であるかも気付く自信がございません。
そんなおれの自宅一人飲みの基本スタイルは、まず発泡酒350mlを二本空けます。
ライブで言うところのリハーサルと本番直前のアップみたいなものでしょうかね。
ブログを書くときは、ほろ酔い程度のこの状態で書くことが多いです。
さて、パソコンを閉じまして、ここからがおれの飲みライブです。
酔うことに関して即効性のある安ウイスキーをリポビタンDで割るという飲み方を自宅では嗜むのですが、多い日でコレを二杯、その後はロックでチビチビと飲んで、アコースティックギターを近隣の迷惑も顧みずにジャンジャンとヘタクソに鳴らして、ボブ・ディランになりきったところで酔っ払って寝る。
昨年末辺りからでしょうか、リポビタンDよりも強力とウワサのレッドブルなるものがコンビニに並ぶと、真っ先に安ウイスキーのレッドブル割りに挑戦しました。
この組み合わせは非常に酔いの回りも早く、画期的な飲み方かと思いきや、翌日は滝のように下してしまいまして、腸内が軽くなったものの、それ以来この飲み方はしていません。
安ウイスキーのレッドブル割りは、便秘の方に激しくオススメします。一発解消です!
後に聞いた話では、レッドブルはウォッカで割るといいと聞きましたが、こちらはまだ試していません。
相変わらず、タイの労働者も愛飲するという、安ウイスキーのリポビタンD割りに落ち着いています。
酒は平均よりは飲みますが、大酒飲みというほどではなく、休肝日もちゃんと取っています。
そんなおれがワインとなると、その味などが分かるはずもなく、高級でも安物でも単に「ワイン」でしかないんです。
体質なのか、ワインは飲みすぎると翌日頭が痛いのであまり好きではないです。
で、ワインといえばボジョレー・ヌーヴォーですか?
一体何を騒いでいるのかがおれにはさっぱり分からないのです…
一部ではこの輸出量の大半を日本が占めているとか、海外で飲めば日本で飲むのの数分の一の値段(物価の問題でなく)で飲めるとか、最近ではウワサも報道もどれが本当なのか分からんなぁ…なんて事を思うのですが、そんなボジョレー・ヌーヴォーを過去に一度飲んでみたことがありまして、うーん…何をそんなに騒ぐのか分かりません。
ボジョレー・ヌーヴォーを毎年心待ちにしている方がいましたら、その魅力をぜひ教えていただきたい。
先入観で美味いものって思えるかもしれない!

ちなみに焼酎は芋よりも麦派です。

2548285336.jpg


このアルバム久々に聴きました。やっぱりゆらゆら帝国はカッコイイですよ。
音楽はもちろん、デザインからルックスから歌詞まで全てにオーラと人間の狂気を感じます。
どこから切っても全てに抜け目がなく、まさに唯一無二ところがスゴイですね。
普段あまり清涼飲料って飲まないんですが、久々にコーラを飲んだら頭が炭酸になりました。
あれ…リポビタンDって炭酸入ってるね。ビールもじゃん!
そんなゆらゆら帝国の「頭炭酸」に反応してしまい、テレビ番組の話です。
前にタモリ倶楽部の飲み企画で、炭酸水で飲むっていうのがありまして、安い焼酎をいろんな種類の炭酸水で割って飲んで、酒を楽しむのではなく、製造元の違う炭酸水の違いを味わうという、おれも真似してやってみたくなっちゃいそうな大変面白い企画でした。
その中の余談で、安いワインを炭酸水で割ると高級シャンパンの味になるというシーンがありまして、なんか、プリンに醤油をかけるとウニの味がする…みたいな子供の発想だよな。なんて思いつつも少し気になっちゃったりして…
しかし、おれにはシャンパンも味の違いが分からない…
そのうちニュースで、「安いワインを炭酸水で割ったものを高級シャンパンとして偽造販売、製造元の社長を逮捕」とかなったら笑うけどな。
まぁおれは、安いワインを炭酸水で割った高級シャンパンで騙されたままでも全然いいんだけどね。

なんかダラダラとくだらない酒の話ばかりでした。


頭炭酸 / ゆらゆら帝国 2001年
スポンサーサイト

11/19|MOLICE 07||TOP↑
プロフィール

※※だいら 〇〇ヒロ

Author:※※だいら 〇〇ヒロ
あたくし、生まれも育ちも東京は武蔵野、北多摩北地区北部、姓は※※だいら、名を〇〇ヒロ、人呼んでバーテンのオーシャンと発します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。